日本語

東京午後 ポンド・ユーロ売りが加速

東京午後のドル円相場は方向感に乏しく、 89円台後半での推移となりました。 序盤、本邦11月景気動向調査・改定値が発表されましたが、 相場を動意付けるには至りませんでした。 その後も本日のNY時間に満期を迎える、 90円のオプションに絡み、 動きづらい展開が継続した模様で、 現在も89.80円台でもみあいとなっています。 一方ユーロ円は、東京午前の買戻し一服後、 本邦株式相場が引けにかけて 小幅ながらも値を下げたことや、 午前にユーロ買いへと動いていた海外勢が、 ユーロ売りに動いたことを受けて、 一時115.30円台まで値を下げました。 更に、ポンド円も売りが加速しており、 123円の大台を割り込む展開となりました。 東京終値は、 N225 7901.64[-164.15] TOPIX787.15 [-17.88 ] と、大幅マイナスにて終了しています。 NY株式市場の動向に注目しましょう。