日本語

東京午前 値ごろ感での買い戻しが優勢

東京午前のドル円相場は、 NY時間からのドル安の流れを受けて 89.70円台でスタートし、 序盤は本邦株式相場が マイナスサイドで寄付いたことから 安値圏での小動きが続きました。 その後は仲値決済に向けた、 ドル買いやショートカバーにより、 90円台を回復する展開となりました。 本邦株式相場が下げ渋ったことも 買いを後押しした模様です。 一方ユーロ円は、本邦資本筋からの ユーロ買いが優勢となった模様で、 本日の高値となる117.20円台をつけました。 またユーロドルは、対円での上昇に連れて 1.3010ドル台まで値を上げましたた。 東京前場終値は、 N225 7909.85[-155.94] TOPIX789.80 [-15.23 ] と8000円を割っており、 大幅マイナスにて終了しています。 東京午後の動きに注目しましょう。