This website requires JavaScript.
【衣笠勇太のマーケットレポート】ドル円・ユーロドル・ポンドドルの相場見通しとトレード戦略を毎朝更新中!
衣笠 勇太
月曜日~金曜日まで毎日更新しております。 ドル円・ユーロドル・ポンドドルについて、当日の値動き予想と、トレード戦略を掲載しております。 ☆この記事で分かること☆ 本日は買いなのか、売りなのか? 買い水準、売り水準はどこなのか? 利食い・損切り水準はどこなのか? 上記の情報を、毎朝新鮮な状態で掲載しています。 スパンモデルを活用した相場分析に基づき、誰でも分かりやすく、読みやすく記載しておりますので、ぜひ、ご活用いただければ幸いです。
12/7(金)ドル円・ユーロドルの見通しとトレード戦略
ございます、衣笠です。12/7(金)の見通しとトレード戦略です。本日もスパンモデルを使って分析をしていきます。ドル円の見通しまずはドル円の見通しについてです。ドル円の日足チャートです。わずかに、遅行スパンが陰転してきており、売りが優勢な局面になってきたことが分かります。雲はまだ青色で買いサイン点灯中ですが、このままだと売りサインが点灯するのも時間の問題でしょうか。逆イールドカーブが景気後退を示唆するとの声も囁かれ始め、ドル円の上値が重たい要素が増えてきました。本日の雇用統計の結果や、再来週のFOMCの結果次第では、ドル円が下降トレンドへと突入することも視野に入れておく必要がありそうですね。こち
2018年12月7日 08:04公開
12/6(木)ドル円・ユーロドルの見通しとトレード戦略
ございます、衣笠です。12/6(木)の見通しとトレード戦略です。ドル円の見通しまずはドル円の見通しについてです。こちらはドル円の日足チャートです。遅行スパンとローソク足の距離が近く、方向感がない状態であることが分かります。雲は青色で買いサイン点灯中ですね。まだ雲が薄いので、下限でしっかりとサポートされるかどうかにも注目したいところ。ドル円は日足レベルで見ると、112.500~114.000のレンジを抜けられない状態が続いていますね。こちらはドル円の1時間足チャートです。遅行スパンは陽転しており買いが優勢。しかし、雲は赤色で売りサイン点灯中ということで、1時間足レベルでも方向感を見失っているの
2018年12月6日 07:57公開