This website requires JavaScript.
ねこ博士のEA話
ねこ博士
ねこ博士が開発してきた数多くのEAから得た知識・経験に お客様からのご意見を融合させて作られた最新作の基本ロジック 多通過対応に対する考え方などを掲載します!
ねこ博士的 EAランキング(2018/9/29)
お世話になっております、ねこ博士です。 現在、当方で販売中のEAについて、 『ねこ博士的 EAランキング』というものを作成してみました。  ↓ (ねこ博士のブログ) http://eaneko299.blog.fc2.com/blog-entry-447.html よろしければ、ご参考とされてみてください。m(_ _)m
2018年9月29日 04:27公開
EAのフォワード成績と、トレード時間の関係性
『EAには、それぞれに得意とするトレード時間帯がある』ということは、ほとんどのご利用者様が知るところかなと思います。ただ、この点を、EA開発の際にどのように扱うべきか、となると、少し難しい問題となってきます。どういうことかと言いますと、ひとつの考え方として、『24時間、一切のエントリー制限をすることなく稼働させるべき』という考え方もあるかと思うのですが、ここには、かなり大きな落とし穴があります。というのは、「24時間、完全にフル稼働するEA」を作成してしまうと、『本来はエントリーできないポイントで、収益を稼ぎまくるEA』が出来上がってしまう可能性があるためです。例としては、・早朝の『サーバー時
2018年5月11日 19:47公開
EAの評価方法と、事象の正しさのレベル
当方では、こちらの登場ナビや、EA購入時の『おまけ』として、EAの評価方法、EAの将来性の予測方法、などの参考情報を記載しております。これは、購入したEAや、購入しようとしているEAが、果たして今後も、良い成績を維持できるのか、を予測するためのものとなります。この『EAの将来性の予測方法』については、いろいろなサイトで、独自の意見が記載されているように思います。こういった意見は、『絶対にこれが正しい』というものは、実は非常に少なく、「筆者の考え方のひとつ」という程度のものが、ほとんどとなっています。ですが、その中にいくつか、『絶対に正しい』に近い考え方のものが存在します。これは、たとえば、『E
2017年11月5日 16:46公開
EAにおける『ポートフォリオ』のもつ意味
今日は、EAにおける、『ポートフォリオ』の意味(効果) を、記載してみたいと思います。『ポートフォリオ』は、投資の世界では、よく耳にする言葉ですが、日本語に直すと、「分散投資」という言葉になります。では、EAにおいて、ポートフォリオを構築することには、どのような意味(=効果)があるでしょうか。まず、ひとつめは、これは、ご存知の方も多いかな、と思いますが、『リスク分散の効果』 となります。これは、「あるひとつのEA」が、万が一、ドローダウンになったとしても、その他のEAたちが利確してくれていることによって、収益が安定化する、という意味となります。ここまでは、皆さんもご存知の内容なのでは、と思いま
2017年10月1日 11:11公開
EAの稼働開始タイミング
これは、EAを利用されている方にとっては、けっこう悩ましい問題なのではないかな、と思います。(^^;) 当方では、この『稼働開始タイミング』は、「勝率の低いEA」と、「勝率の高いEA」とで、考え方が大きく変わるのではないか、と考えております。 どういうことかといいますと、まず、「低勝率のEA(=PFの低いEA)」ですが、こちらに関しては、基本的に『ある程度の、DDになってから稼働する』というのが良いのではないか、と感じています。 といいますのも、低勝率のEAというのは、「勝ち負けを、同じ程度に繰り返しながら右肩上がりを目指すEA」ですので、『負けトレード』も、それ
2017年9月26日 22:08公開
EAの『カーブフィットの有無』の見抜き方
当方では、いくつか、高勝率のEA、過去無敗のEA、といったEAを出品させて頂いております。 このような、『超高勝率』や『過去無敗』といったEAを目にすると、どうせカーブフィット(=過剰最適化)のEAだろう、と思ってしまう方も、中にはいらっしゃるのではないかな、と思います。 ですが、当方では、EAを開発する初期の段階から、『極力、カーブフィットにならないような工夫』、『カーブフィットになりにくいロジック構築』、というものを念頭において、開発を行っております。 そして、『そのEAが、カーブフィット(過剰最適化)されたEAなのかどうか』は、実は、割と簡単に、判断すること
2017年9月10日 06:10公開
EAの使用目的における、ご利用者様のタイプ
EAのご利用者様には、EAの使用目的について『複数のタイプの方』がおられるように感じています。 具体的には、 EAの使用目的 が、 (1)あくまで資産運用(=資産の増加を目指す)が100%、という方(2)資産運用50%、楽しみ50%、という方(3)楽しみ100%、という方 大きく、この3タイプとなります。 (EAの利用者さまは、 大きく分けて、上記の「3タイプ」のいずれかに属しているのではないだろうか?と、当方では考えています) まず、(1)は、『EAの動作や、トレード頻度には、それほど興味がなく、長期的にみて、資産が増加することを目
2017年9月9日 01:51公開
勝てるEAの本質
私は、「勝てるEA」とは、『値動きの本質』を捉えることのできているEAと言い換えることができるのではないか、と、考えています。 なお、ここでいう『値動きの本質』とは、「値動きのパターン」のことと思っていただければ、と思います。 簡単にご説明しますと、巷にある「優秀なEA」は、【それぞれの独自な切り口】から、そのロジックが構築されています。 そして、そのロジックが、「値動きの本質」=「値動きのパターン」を、きっちりと捉えられていること。これが、そのEAが『勝てるEA』となる条件になるのだろうと思います。 たまに、「短期的にしか機能しないEA」が出て来ると思
2017年8月30日 02:47公開
『カーブフィッティング』に対する考え方
『カーブフィッティング(=過剰最適化)は良くない』 これは、EAの業界では、「当然そうである」ものとして、長年唱えられてきている言葉ではないかな、と思います。 また、中には、「PFが高い」=「カーブフィッティングだからフォワードの成績は期待できない」と、両者を『同義のもの』として捉えてしまっている方も、いらっしゃるのではないかと思います。しかしながら、「PFの高さ」と「カーブフィッティング」とは、『同義(=同一)のもの』なのでしょうか。 実際のところ、これまで、「カーブフィッティングではない」と思われた『PFの低めのEA』が、その後のフォワードでも右肩上がりを維持
2017年8月24日 02:41公開
~トレード頻度と、EAの安定性の関係~
たまに、『高頻度トレードEA』というものを目にすることがあるかな、と思います。 トレード頻度が多い、というのは、トレーダーの立場からすると、『良く動いてくれて嬉しい』『もしかしたら、一気に収益を稼いでくれるのでは?』という、ある種の「甘い誘惑」のような魅力を秘めているようにも思います。 ですが、実際には、『トレード頻度が多い』=『DDになりやすい』 という一面があります。 確かに、短期的には、成績が右肩上がりになる時期も、あるのかも知れません。(特に、トレード頻度が多いため、この右肩上がりの時期には、あたかも「一気に資産が増えている」ように見えてしまいます)&nb
2017年8月18日 10:59公開