公開: 2018/10/02 18:07 更新: 2021/04/08 15:35
¥400
icon 連載
【初月0円キャンペーン】マネーアップ
「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービスです。有名トレーダー達のトレード手法などの記事、それらを映像化した動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学ぶことができます。
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第3回 金利のきほん~後編[雨夜恒一郎]
FX

ファンダメンタルズ(分析)を体系的に学ぶことができる当企画。前回に引き続き、今回も「金利のきほん」について、雨夜恒一郎さんに分かりやすく解説してもらいます。為替相場と密接な関係にある金利について、分かっているつもりになっているトレーダーも多いはず。ここでしっかりと学習し、確かな知識を身に付けておきましょう。


第3回目次

1. 市場金利と政策金利
2. 公定歩合とは?
3. 短期金利と長期金利
4. イールドカーブを見れば将来の金利動向が分かる
5. スティープニングとフラットニング
6. 米国債のイールドカーブ
7. 期待インフレ率=BEI
8. インフレ時代とデフレ時代
9. 第3回まとめ

※この記事は、FX攻略.com2017年8月号の記事を転載・再編集したものです


雨夜恒一郎(あまや・こういちろう)プロフィール


20年以上にわたって、スイス銀行、JPモルガン、BNPパリバなど、大手外銀の外国為替業務要職を歴任。金融専門誌「ユーロマネー」における東京外国為替市場人気ディーラーランキングに上位ランクインの経歴をもつ。2006年にフリーランスの金融アナリストに転身し、独自の鋭い視点で為替相場の情報をFX会社やポータルサイトに提供中。

twitter:https://twitter.com/geh02066


市場金利と政策金利

前回述べた金利とは、景気やインフレ率といった経済状況、信用リスク、需給要因などによって決まる金利でした。市場で決まる金利ということで、これを「市場金利」といいます。

これに対して、中央銀行が金融政策として決める金利のことを「政策金利」と呼びます。中央銀行は基本的に景気を抑制したいときに利上げ(金融引き締め)を行い、景気を刺激したいときに利下げ(金融緩和)を行います。「景気」を「物価上昇」(インフレ)に置き換えていただいても結構です。

中央銀行は市場金利が政策金利に近くなるように金融調節(=公開市場操作。資金を市中に供給したり、市中から吸収したりすること)を行います。また政策金利を変更すると宣言する「アナウンスメント効果」により、市場心理や金利の価格形成に影響を与えることもできます。

政策金利は、短期金利の誘導目標とすることが多く、米国では「FF金利」、日本では「無担保コール」という銀行間市場の金利を対象としています。

為替市場では米国の金利動向が最も重要視されており、米国の中央銀行にあたる米連邦準備制度理事会(FRB)が今後どう動くかに、市場は常に注意を払っています。FRBが現在の経済をどう評価していて、今後どのように金融政策を運営していきたいのかが分かれば、金利動向、ひいては為替相場の見通しもつけやすくなります。


×
ここから先は有料コンテンツです
icon-free-first-month
コメント
この記事の連載
【初月0円キャンペーン】マネーアップ
「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービスです。有名トレーダー達のトレード手法などの記事、それらを映像化した動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学ぶことができます。
FXトレーダーのための「大人の経済」基礎講座|第2回 金利のきほん~前編[雨夜恒一郎]
この記事の作者