公開: 2021/02/17 16:58 更新: 2021/02/17 16:58
¥400
icon 連載
【初月0円キャンペーン】マネーアップ
「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービスです。有名トレーダー達のトレード手法などの記事、それらを映像化した動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学ぶことができます。
金融リテラシーが身につく YEN蔵の投資大学(アカデミア)|第15回[YEN蔵]
FX

YEN蔵さんプロフィール

えんぞう。米系のシティバンク、英系のスタンダード・チャータード銀行と外資系銀行にて、20年以上、外国為替ディーラーとして活躍。現在はトッププロトレーダーとして為替、日経平均、日経オプション、個別株の取引を行う。投資情報配信を主業務とする株式会社ADVANCE代表取締役。ドル、ユーロなどメジャー通貨のみならず、アジア通貨を始めとするエマージング通貨でのディーリングについても造詣が深い。また海外のトレーダー、ファンド関係者との親交も深い。

メルマガ:YEN蔵 リアル・トップ・トレーディング
ブログ:YEN蔵のFX投資術-ドル、円、ユーロ、ポンド、オーストラリアドルで世界に投資
Twitter:https://twitter.com/YENZOU


※この記事は、FX攻略.com2021年4月号の記事を転載・再編集したものです。本文で書かれている相場情報は現在の相場とは異なりますのでご注意ください。


年初の動き

 激動の2020年が終わり2021年のマーケットが始まりました。さすがに2020年のマーケットが激しすぎたので、今年はそこまでボラティリティは高まらないのではないかと思っていますが、1月中旬から株価では不穏な動きになっています。

 S&P500の変動率を表すVIX指数は昨年の3月に82.69%まで上昇しました(チャート①)。コロナショックの前は14%台で推移していました。日経平均の変動率を表すVI指数も3月16日に60.86%まで上昇しました。こちらもコロナショック前は14~15%ほどでの推移でした。60%や80%のボラティリティというのは歴史的に見てもかなり高いレベルです。




×
ここから先は有料コンテンツです
icon-free-first-month
コメント
この記事の連載
【初月0円キャンペーン】マネーアップ
「マネーアップ」とは、日本で唯一の月刊FX情報誌「FX攻略.com」による“FX学び放題”なサービスです。有名トレーダー達のトレード手法などの記事、それらを映像化した動画コンテンツの数々、及び発売日前の月刊誌『FX攻略.com』のすべての記事が先読みできるなど、様々なコンテンツが月額980円で読み放題、見放題に。初心者から一人前のFX投資家になるために必要な知識を“最短”かつ“お得”に学ぶことができます。
才色兼備なフィスコ企業リサーチレポーターの何でもコラム 馬渕の目|第13回 バイデン大統領就任で日本への影響は[馬渕磨理子]
この記事の作者