公開: 2017/02/10 08:13 更新: 2021/04/08 15:35
icon 連載
クリプトシグナル:どうやら暗号通貨マーケットが本気出してきた
暗号通貨(仮想通貨/暗号資産)投資が熱すぎる!3年後にどれだけ大きな市場に成長しているのか!?モリモリと着実に活気を帯びてきている暗号通貨マーケット。元FXトレーダーの視点から暗号通貨トレードで勝てる策を掘り起こしていきます。<br><br> ※2021年3月17日に連載終了します!<br><br> ビットコインやイーサリアムなど主要通貨ペアからNEMなど注目度が高い通貨ペアまで、メイン通貨20銘柄のテクニカルチャート解説。海外発の仮想通貨の和訳情報なども織り交ぜてお届けします!配信予定本数:10本前後/月(特に動きがない時は5本くらいになる場合もあります)<br><br> ※1…購読終了しなければ。 ※本連載に掲載の本文(購入者さまのみ閲覧可能部分)の無断転載及び引用は一切禁止させていただきます。 ※売買の方法やツールの利用方法、ICOの参加方法など個別のサポートは行っておりません。 ※過去記事の一部は一定期間経過後に非表示にする場合があります。 ※補足情報や追記情報などはTwitterで配信することありますのでフォローしてください。@TrendStream
[和訳]ライトコイン~分離署名(Segregated Witness)採用の現状

以下、ライトコインのSegwitに関する和訳記事を見てみましょう。

ライトコイン~分離署名(Segregated Witness)採用の現状

ライトコインは現存するものの中で、もっとも規模が大きく安定したアルトコインの一つです。

スクリプトのアルゴリズムを採用した最初のものであり、暗号通貨における金がビットコインだとすると、ライトコインは銀の地位を獲得しました。

ビットコインと同じ機能、つまり分散型のピアツーピアの決済システムを持っているものの、ライトコインは考察に値するいくつかの異なる機能も持っています。さらに、最近起こったコミュニティ内での発展は、近い将来にそのプロトコルに統合された場合には、ライトコインにとって画期的なものとなる可能性があります。

それはSegwit(セグウィット)のことです。Segwitは、トランザクション展性のような根が深い問題を修正しつつ、ビットコインのトランザクションにおける機能性を向上させる可能性を持つ人気の高いスケーリング解決策です。それがビットコインよりも先に、ライトコインにおいてアクティベートされることになるかもしれません。

×
ここから先は有料コンテンツです
コメント
この記事の連載
クリプトシグナル:どうやら暗号通貨マーケットが本気出してきた
暗号通貨(仮想通貨/暗号資産)投資が熱すぎる!3年後にどれだけ大きな市場に成長しているのか!?モリモリと着実に活気を帯びてきている暗号通貨マーケット。元FXトレーダーの視点から暗号通貨トレードで勝てる策を掘り起こしていきます。<br><br> ※2021年3月17日に連載終了します!<br><br> ビットコインやイーサリアムなど主要通貨ペアからNEMなど注目度が高い通貨ペアまで、メイン通貨20銘柄のテクニカルチャート解説。海外発の仮想通貨の和訳情報なども織り交ぜてお届けします!配信予定本数:10本前後/月(特に動きがない時は5本くらいになる場合もあります)<br><br> ※1…購読終了しなければ。 ※本連載に掲載の本文(購入者さまのみ閲覧可能部分)の無断転載及び引用は一切禁止させていただきます。 ※売買の方法やツールの利用方法、ICOの参加方法など個別のサポートは行っておりません。 ※過去記事の一部は一定期間経過後に非表示にする場合があります。 ※補足情報や追記情報などはTwitterで配信することありますのでフォローしてください。@TrendStream
「無難」02月09日、あの仮想通貨にシグナル確定
この記事の作者